Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recommend
トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 (超★スピ)
トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 (超★スピ) (JUGEMレビュー »)
ヴァジム・ゼランド
トランサーフィン第4巻 この本の特に第2章の圧倒的な概念が、この世界は、「二元鏡」の世界であること、さらに「神々の夢見(この世)」だとする世界観によって、私たちの認識を大いに変えるだろう。
Recommend
超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法―振り子の法則トランサーフィン (超★スピ)
超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法―振り子の法則トランサーフィン (超★スピ) (JUGEMレビュー »)
ヴァジム ゼランド
第1巻で、老監視員から投げかけられたあの奇妙なメッセージ「お前さんの持っているりんごは空へ落ちていくじゃろう」(第1巻より)という謎が、この第3巻で、いよいよ明らかになる。
Recommend
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択 (JUGEMレビュー »)
ヴァジム・ゼランド
この2巻の主要なテーマは、”外的意図”に尽きるだろう。そして、
願望実現のためには、外的意図をどうコントロールするかだ。
そのためには、魂(潜在意識)と理性(顕在意識)の一致が不可欠であるという。
Recommend
「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択
「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択 (JUGEMレビュー »)
ヴァジム ゼランド
「トランサーフィンは、まるでスーパーマーケットで商品を選ぶように、文字通り運命を選ぶ方法である。」という。いま願望を現実化するもっとも斬新な新しい世界観を語っている。
Recommend
マスターの教え
マスターの教え (JUGEMレビュー »)
ジョン マクドナルド
この本の著者であるジョン・マクドナルド自らが、≪読者のみなさんへ≫の中で、この本には”説明の出来ない「何か」”があると云わしめるくり返し読みたくなる不思議な本。
Recommend
斎藤一人 千年たってもいい話
斎藤一人 千年たってもいい話 (JUGEMレビュー »)
斎藤一人
私がお気に入りの斎藤一人さんの音声CDがまさに、これだ。特に幸せのなり方が素晴らしい。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
☆記憶について(蒲田駅周辺で思う)
0

     何かの折に、蒲田駅周辺がすっかり変わってしまったことを知った。
    それから、ずっと、蒲田周辺の様子を確認したいと思った。

     

    JR蒲田駅 というのも、

     私のこれまでの人生の何分の1かは、

     かなり大きな比重で、

     蒲田周辺で過ごした一時期

     というものがあったからだ。
     一つには、

     高校生だった頃の10代後半から、

     さらに20代前半まで間。

     

     

    そして、

    フリーで映像制作を携わっていた時期だ。トータルで、15年前後ぐらいの関わりがある。

    大きく変わったのは、ここ数年のようだ。

     

    特に、著しく変化を見せているのは、京浜蒲田駅周辺だった。
    正直、京浜蒲田は、嫌いな駅の一つだ。どことなく冴えない街だからだ。

    そして、昨日、どうしても気になっていたので、

    京浜蒲田駅

     

     京浜蒲田駅へ行ってみた。

     あまりの変貌ぶりに、困惑した。
     まるで自分が異邦人になったような錯覚に

     陥った。
     

     駅は、すっかりきれいになったものの、

     相変わらず、情緒もなく。
     どこか冴えない。

     デザインされた街になったが、
     やっつけ仕事感がぬぐえない。
     自分にはそのように感じた。

     

     

    その意味で、

    やはり好きになれない街であることに変わりはなかった。

    異邦人のような感覚だったと述べたが。
    と、同時に、ある事件を思い出していた。

    差し障りがあるので、詳細は言えない。あるポイントだけお伝えする。
    私が一時期、蒲田周辺で働いていた頃、同僚が、
    ある日、記憶喪失になったのだ。

    私は、彼のひどく怯えた姿を観て、衝撃を受けた。
    口は紫色になり、小刻みに震えていたのだ。
    その頃の私は、ドストエフスキーの一連の作品を、熟読していたころで。
    作品の影響を強く受けていたこともあり、
    彼の様子を食い入るように観察したものだ。

    彼は、とある駅で、手帳を観て、そこに書かれてあった
    電話番号をかけ、他の同僚が、その駅まで迎えに行き、
    そして職場に来ることができた。

    彼を迎えた職場は、わずかな情報だけを聞いて大慌てで、みなが狼狽えた。

    彼は事務所に座らされていた。
    彼の顔は、青白く、不安を漂わせ、彼の良く見慣れたはずの事務所で、
    天上のあたりをしきりに見回していた。

    彼を迎えに行った同僚の情報だと思うが。
    「自分が誰か分からない」という様子らしいと聞いた。

    結局、彼は、小1時間ほど事務所に留め置かれ、
    同僚たちの善意の対応で京浜蒲田駅近くの病院に、
    数週間入院した。

    それを最後に、二度と彼の姿を見ることはなかった。
    意識が一定程度安定したころ、家族に引き取られ。
    職場を止めて行ったからだ。
    その後どうなったかは、皆が一様に口をつぐんでいた。
    タブー視して、
    「何もなかったかのように」
    「彼という存在すらなかったかのように」
    事務所のスタッフはそのようにふるまっていた。

    私も、何も聞いてはいけないのだなと直感した。
    それでも原因は、薄々漏れてきた。
    金に絡む問題で、心身が持ちこたえられず、
    記憶喪失になったらしいということを他の同僚から、聞くことになった。

    年下だったが、彼とはそこそこに親しかったので、
    彼の一件は、あまりに衝撃的だった。

    その彼が、病院にいくまでの時間、事務所で見せたあたりを不安そうに、
    天井を仰ぐ姿が、

    いま京浜蒲田駅に降り立ったときの私の気分と、

    どこか重なった。

    私は、小さなアーケドの商店街(あすとという商店街)をきょろきょろと見まわしていたのだ。

    何か飛んでもない空間に、投げ込まれた感覚を味わっていた。

    なぜなら、私の記憶とのギャップがあまりにも隔たりがあったからだ。
    かつて馴染んでいたお店などが、一件もなく。
    すべてが総入れ替えされたようだった。
    心の中で、
    「え、これ嘘だろう…?」

    まるで人の記憶を破壊する暴力だなと感じた。

    その後、JR蒲田まで行き、さらに毎日飲み歩いた店の周辺に行ってみた。
    もう、何の面影もない。
    かつて通い詰めた「居酒屋」はなく、とんかつ定食屋に変わっていた。
    大衆酒場に、どう見ても似つかわしくない若い夫婦ものの姿はそこにない。
    私が、この店に行かなかくなったは、酒の飲みすぎを自重したからだ。
    急性の膵炎にもなったことがあり、
    このまま飲み続けてはいけないと、健康上の理由から、
    10年近くほぼ全面禁酒した。その間に、すべてが変わっていたのだ。

    私が、蒲田駅が一変してしまったと、気づいたのは、あるとき、
    この店がすでに、なくなってしまったらしいということを最近知ったからだ。

    複雑な思いがよぎった。

    私は、記憶というものに、特別に深い関心がある。
    時間や空間ということについても、同様だ。

    そういう思いとともに、「変化」というものについて考えることが多い。
    街は、かように変わるのだなと思わされた。

    京浜蒲田駅から、JR蒲田駅へくる途中に、
    ある理解があった。一面、「記憶」には、あまり意味がないということを、
    強く感じた。

    私の知っている過去の蒲田駅周辺の世界は、もうそこには、何もない。
    確かに道筋の一部に「面影」があっても、
    記憶とは、まるで無関係な世界が、いまこの場にあることを知って。
    ショックだった。

    バシャールは、私たちの見る物理的な現実世界は、
    私たちの意識が創り出したすべては幻想であるという。

    いま見ている世界が、所詮、夢のような幻想であるなら、
    記憶は、幻想のかけらということになるだろう。

    今回の蒲田駅周辺の散策は、
    私にとっては、物理的な現実と時間、空間、思考エネルギーの物質化とともに、
    そのアプローチへの入り口の一つに過ぎない。

     

     

     

    posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ☆見ているもの
    0

      ある月曜の早朝、スーパー・マーケットでの出来事だ。
      この大手スーパーでは、7時に地下の食料品売り場のみの営業が始まる。
      朝の早い勤め人たちにとって、この利便性はとてもありがたい。

      私はちょっとした買い物を済ませ、中庭の方に抜ける出口に向かおうとした。
      ふと、そちらに見える大きな柱の掲示物に注意が向いた。
      B全くらいの大きさのポスターのようなパネルだった。
      ほとんど一面が、何かのイメージの写真らしかった。

      で、当初は何気なくそこへ目がいっただけだったのだが。
      パネルのヴィジュアルにどこか奇妙なものを感じた。
      はっきり認識できないのだが、印象として
      あの有名なスヌーピーの実写版か何かのような犬の横顔のように見えていた。
      奇異だったのはその犬の表情が、とりわけ悪意を帯びておりワルなイメージ顔のような目つきに見えたのだ。

      それは、スティーブン・キングの原作「IT」を映画化したときの、
      ダーク・ヒーローの殺人ピエロが、怖い顔をして牙を向いたような表情に似て見えた。

      「何なのだろう…あれ!」

      そもそも、鮮度やさわやかさを演出する売場で。
      つまり、明るい店内の雰囲気づくりに、とりわけ心を砕いているはずの食料品売り場で、
      そんな悪意を感じるポスターがあるわけがない。
      どう考えても相応しくない。

      もちろん、私の見間違いなのだろうと、当然そう思った。
      ちょうど出口の付近にあったので、近いづいた。

      「……あぁ。」

      いまより、5−6歩、近づいただでけで、
      それが、私の云うのも憚るほどのひどい誤認だったことが分かった。

      結論から言おう。そのヴィジュアルは、透過光を背景に白アクリルの上に乗せた
      野菜が豊富にある写真のイメージで、ジャガイモやトウモロコシ、
      ホウレンソウ、ピーマンなど、それらが、適度に配置されていたもので。
      生鮮野菜のシズル効果を狙ったパネルだった。
      目のように見えたのは、実は、黒いカボチャと、ホウレンソウの根の黒い部分の一部だった。
      野菜のイメージ写真とはいえ、長期に飾ってあったためか。
      全体が青っぽく色褪せており、真ん中の白っぽい部分が顔の輪郭ように見えていたのだ。

      野菜のレイアウトの妙で、遠くからそれを見た私には、
      ある意味、ロールシャッハの何に見えるみたいなものだった。
      そして、私には
      悪意をもった「ワル」なスヌーピーのような顔のアップに見えてしまっただけだった。

      「なあーんだ。」ということだろう。
      所詮、単なる見間違えで、片づけてしまえばそれまでの話だ。

      だが私は、良い錯覚をさせてもらったと思った。
      私たちが見ている世界(物理的現実)というのは、誰にとっても、
      決して同じではないということの重要な一つになったからだ。

      これは、私自身のいまの心がフォーカスしているものを
      物理的に投影して表したものかもしれないと感じたことだ。

      その投影とは、
      今日、いつものように向かう先でのまだ起きてもいないことへの
      不安や心配、不満、ストレスなどが複雑に入り組んで、結果、
      そのパネルを見た印象の中に反映させていたのかもしれないと、ふと感じた。

      その日、幸い特別に不快な出来事はなかったが。タイムラグで、
      帳尻を合わせることになるだろうとは思っている。

      再び、午後、帰り道にそのスーパーに行ったときだ。
      早朝、入店した入り口とは、異なる。

      表玄関から地下の食料品売場に向かって、
      エスカレーターを利用した。
      そこで、今朝見たあの野菜のパネルに気づいて驚いた。
      もっとおぞましいほどの悪意に満ちたゴーストのように見えたからだ。

      「マイッタな…」とふと思った。少し病んでいるのかもしれない…。
      私には、前出したように見えた掲示物だが。
      人によっては、違う見方をしているはずだ。もっと明るいものの象徴のように見えてもいい。

      それから数日が経って、昨日だ。

      以前にも、このブログで書いたことのある、新丸子の駅から武蔵小杉の超高層マンションが見える
      その景色に、どうしても出会いたくて、駅を降り立った。
      そんな気分になったのは、
      「もったいない」と思うほど、すっきりした青空だったからだ。
      ともかく自由な空気を満喫したかった。

      その新丸子の東側で、武蔵小杉方面を見て、ふと思った。
      いま超高層マンションは見えているのだが。

      ずっと以前にこの場所へ来たときには、その風景に全く気付いていたなかったということへの
      意味を考えた。
      確かに、以前、この場に来たのは、時間帯も異なる。夜と昼の違いがあるかもしれない。
      また目的も、夜遊びのようなもので、友人と飲み歩くために来ただけだった。
      その時の私の関心事は、今とはまったく異なる。
      向けている対象のフォーカスがまるで違っていた。

      いまは、そうした状況からは大きく抜け出て、美しい風景の一つに対象が向けられている。
      その自分が、いまフォーカスするものが変わっているのだ。
      どちらが良いではなく。
      自分の思考がすでに変わっているということの証しだ。


      そして、見えるものが変わってくるということなのだろう。

      posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ☆オブジェクト
      0

        ある日、
        YouTubeの動画をただ何気なく観ていた。
        特にどうということもなく。

        そのタイトルは、
        ☆Metal Gear Solid 5: The Phantom Pain - Fox Engine Demo @ TGS 2014 TRUE-HD QUALITY
        http://www.youtube.com/watch?v=qCs0xxUS5as

        だった。
        漫然と見始めたはずだったが、内容に驚いた。

        この動画は、3Dゲーム制作アプリの凄さのDEMOのようだ。
        制作裏話的なものらしい。

        この動画を見ながら私は、
        3D・CG制作アプリのパフォーマンス能力の高さに、ひたすら圧倒された。
        凄い!凄い!凄い!に尽きる。

        そして私が、この制作アプリからすぐに直感したのは、
        物理的現実世界がどのように、可変的に、多様に創造されるのかを考える上で、
        ちょっとしたヒントにもなる…と思ったことだ。

        少なくも重要な答えの一つが、この動画に織り込まれているように思った。

        それは、
        あくまでも私の独自な解釈ではある。
        これで世界が創造される仕組みをすべて解釈できるなどというつもりは全くない。
        恐らく、そのほんの一断面を少し理解できるだけだろうと思っている程度にすぎない。
        その程度において、単なる私の独善的な解釈をあえて、
        気付きとともに戯言の延長で申し述べているだけだ。なので、
        このブログをお読みいただいた方は、絶対に惑わされないでいただきたい。

        さて、この動画で、私が驚いたのは、何といっても、
        3DゲームのCGの制作現場で、背景(風景または地形の状態)やその場面に登場する
        人物たちのそれぞれの動き、動植物や環境の状態、建物、日照の程度、天候の変化、時間の推移などが、
        バックグラウンドのタイムスケージュールとプログラミングされた意図に沿って、動いていることだ。
        しかも、人や動植物等は、さらにタイムスケジュールに左右されない独自の動きも持っているようだ。
        すべてがそれぞれの意思を持っているかのように。
        動画からはそう感じたが、すべてここでの指摘が的を射ているのかどうか、何とも言えないが。

        いずれにせよ、この動画から感じたのは、
        現実的世界で一定の合理性を持って起こり得そうなあらゆるパフォーマンスが、
        組み込まれており、すべてオブジェクト化され、データ化されていることだった。
        (もっとも、自然は、もっとリアルだし、多様でもあるが。)

        それらのオブジェクト化されたパーツは、もちろん制限はあるのだろうが、
        場面の状況の必要に応じて、
        リアルに見せるための数種のパラメーターが受け取り可能なようだ。
        例えば、画面に貼り付けた木々の縮尺は自由で、量的に重ね合わせて、
        ちょっとした森にもなる。

        風が吹いているような演出として、それらの木の葉が、乱数の影響を受けながら揺れたりもする。
        さらに、わずかな雑草しか生えていない荒野に、雑草を繁茂させたり、小さな水たまりを貼り付けて、
        それが自在に単なる水たまりから池やちょっとした湖のようにも変化を加えたりできる。
        しかも湖や池の表面にさざ波を付け加えることもできるようだ。

        このようなパーツのそれぞれは、オブジェクト化される前には作業として、
        きっと地味で単調で、気の遠くなるような日々の分業作業を存分に積み重ねた結果
        なのだろうと思う。
        しかし、それらが、一旦、データベース化されてしまえば、物理的現実世界を表現するときには、
        使い勝手よく、極めて容易に行える大きなメリットもある。

        こうしたことは前述した動画を見てもらえば、
        制作する下準備の大変さとともに、合理化した後のメリットが、
        容易に想像できる3DゲームのCG制作アプリの紹介だった。

        前段が長くなって申し訳ないが、ここから後半が、本日のブログで述べたいテーマとなる。
        それを述べさせていただくと、こうだ。

        私たちが存在していると認識しているこの物質的世界は、
        3Dゲーム制作のようなものだということ。
        ある意味オブジェクト化された世界なのでないのかという気づきだ。

        つまり、
        たとえ「今ここ」にあるときも、この物理的現実の世界は、
        私たちの内面を鏡のように映し出して現れるホノグラムのような世界であり、
        すべては幻想なのだという認識だ。

        私は、よくとある比較的高層の高見から遠くを眺めて見たりする。
        特に、都市型高層群の建築物が遠く立ち並ぶ人工物の街並みを見るのがとても好きだからだ。

        そのこともあって、
        いつからか私は、風景について、
        すべての街並みや眼下に見える人々、自動車や自転車などに乗る人々の姿、
        木々や空の雲、いま吸っているこの空気、気温、空にチョークでなぞったような飛行機雲まで、
        何でもかんでも、いま私の意識状態に必要なものがオブジェクト化されており、
        それが現れてくるものなのではないかという解釈をするようになった。

        そして、今見えている数十キロ先の風景なども、実は、私がこの高見の場所から降りたとき、
        その風景は、一変する。消える。

        つまり、
        私がいま優先して考えなければならない世俗的な要素が、
        私の意識状態に合わせて、すべて置き変えられるのではないかと思っている。

        例えば、階下へ降り立ったとき、選りによって、
        挨拶も返さない、横柄で、高慢チキなクソババアと出会ったとする。
        そして、不快になるとしよう。

        理性的には、そんな意識状態を抱くことがマズイなと思いつつも、
        一時的であっても、瞬間、嫌な気分になる。
        そうなれば、まんまと状況の罠にはまってしまう。

        というのも、不覚にも、私自身が、状況にそのまま反応し、不快さを焚きつけてしまったことが、
        いま新たな原因となって、
        結果、いづれ最適なタイミングで、不快を呼び起こす本人そのものか、
        または別な人物や出来事を介して、
        不快なものを、再び体験させられることになる。
        不快が、不快を招く。よくあることだ。

        こうした場合、すべてが、
        意識世界のずっと向こうの深い部分で、
        すでに用意されていたオブジェクトなのではないのかと思っている。

        つい数年前まで動画と言えば、再生をスムーズにするために、
        デジタル・データの圧縮技術を念頭に入れなければならなかったが。
        その技術上では、動きのほとんどない共通する背景、または環境等は、
        圧縮する処理をできるだけ可能な限り省いて、負荷を軽くするというアプリ上の技術があった。

        それと同様なことが、意識世界においてもあるのではないだろうか。

        新たに世界を構成する不快なクソババアの動きだけを、
        アカシックレコード的な形而上学的世界から、
        オブジェクトとして、引張り出して、3Dのレイヤーのように貼り付け、
        私の現実世界に登場させるのではないかという解釈を思ってみたりする。

        この不快な状況についてさらに突っ込んで言えば、
        通常は、すぐに気を取り直して、
        これから為すべ作業に意識を切り替え、次の段取りをするとしよう。
        すると、ほんの少し前に見た風景のことは、
        すっかりこの時点では、私の意識からすべて消え去ってしまうことになる。

        そのとき、私なりにこんな解釈をしたくなる。
        先ほど見た素敵な風景は、私の意識の中で、すでに消え去っており、
        その残像の燃えカスすら消滅している。

        その時に何が起きているだろうか。

        物質世界において確かに存在していたように錯覚していた風景は、
        もはやそこには存在しないということだ。
        「今、ここ」の瞬間の意識にとっては、全く必要がないものなので、
        存続させておく理由がないので、
        その意味おいて、無駄なエネルギー消費をすることはないことになる。

        私たちの意識世界においては、
        存在する必然性がないものは、超瞬間的に消えるそう言うものだろうと思っている。
        また、その逆に、存在する必然性に疑問が一切なく、意識したものは、超瞬間的に、現れる。
        そんなふうに私は思っている。


        以上は、私の勝手な妄想だと思っていただいて、結構だ。

         

        posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ☆思考のネガティブな撹拌
        0

          無意識な思考を知らずに繰り返しているうちに、どうやら私たちは、
          ネガティブな状態に陥りやすいようだ。

          理由は、簡単だ。

          私たちが、自ら制限を課したこの物理的現実に身を置いていることによるものだ。

          その当然の帰結として、
          過去の躓きや不満、いらだち、後悔、罪悪感、今なお思うに任せなかった結果など。

          「今、ここ」ではなく、
          さらに、
          未来についても同様で、そう遠くない少し先のことについても、
          あれこれと自信なく思い悩み、また
          さまざまな不足にも苦しみ、疑念や不安を覚えたりする。

          過去において経験した、
          制限の多い物理次元で得た事柄によって、
          良いことよりも、むしろ悪い結果に終わった出来事などに足を引っ張られ、
          まだ物事が起きてもいないうちに、
          望まない結果への予想や憶測の懸念が先に立つ。

          そうした心の動きは、
          私たちが、固より、あえてその世界に踏み込んでいるのだから、
          それは当然のことなのだ。

          そして、自ら創り出した制限でいっぱいのがんじがらめな思考は、
          必然的に、これでもかとネガティブな撹拌を行う。

          思考がエネルギーであることについては、
          このブログを訪れていただいている方たちの大半に異論はなかろう。
          同様に、
          物質の究極の姿が、意識エネルギーであることを、受け入れてもいるだろう。

          とするなら、
          思考のネガティブな撹拌が、私たちの物理的現実にどう反映するか、
          それも、あえて言うまでもないことだ。

          それについては、
          トランサーフィンから以下を引用しておきたい。

            「思考はエネルギーを放射する。ものごとが物質化した世界では、
             あらゆるものにエネルギーの裏付けがある。目に見えないところで起こって
                いることもすべて、目に見える世界に反映される。」

            (「[振り子の法則] リアリティ・トランサーフィン」ヴァジム・ゼランド[著]
              ほおじろえいいち[監修] 須貝 正浩[訳] 徳間書店 p147より)

          それが分りながら私たちは、日々の思考において、
          ついネガティブな撹拌をおこなってしまう。

          この無意識に繰り返される思考へのネガティブな撹拌の元は、
          どこからやってくるのだろうか。

          それについては、
          バシャールは、次のような示唆しているのが興味深い。

             「あなたはランダムな思考が別の人生の体験から来ているとは知らずに、
              人生から人生へと交差し漏れてくる情報をたびたび得ています。」

              (「バシャール/輪廻転生・今ここに全てが存在するということ」
                 YouTubeの動画 http://www.youtube.com/watch?v=3NtobvIYqk0

          というのがある。
          パラレルな世界の交差の断片が、今いるこの現実に、
          大なり小なりの影響をもたらしているらしいというこの指摘は、
          大いに注目に値する。

          この思考のネガティブな撹拌を止めるには、以下の方法が有効だ。

          それは、
          無意識に流されるままの夢見の状態から、いち早く目覚めるということに尽きる。
          言い方を変えると、意識して見る夢見の状態へ切り替えるということだ。
          つまり、望む現実の姿を思考によって、
          意図して思い描き、自分の人生の現実化を図るということだ。



          posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ☆無意識に見ている夢
          0

            あなたは、ほんとうに、
            いま夢見から目覚めているといえるのだろうか…。


                 「いや、今日は夢など見なかった。ただ自然に目覚めた」

            というかもしれないし。あるいは、

                「目覚ましが鳴って、半ば強制的に、仕事や学校などもあることだし、
                 仕方なく起きたにすぎない。」

            というかもしれない。

            その状況は、人それぞれ数多で、たとえその状況がどうあれ…、
            私たちは、似たり寄ったりの朝を迎えて、
            夢見の現から目覚めたように確信しているかもしれない。

            その意味で、
            確かに、私たちは朝を迎えたはずだし、眠りの中から、
            それなりの状況において、ほんとうに目覚めたはずだ…。

            いまこうしてリアルな現実の中で、考えたり、なんらかの行動しているし…。
            「あなたは目覚めているだろうか…」などと問われることがバカバカしい。

            と、あなたは、きっと言うだろう。

               「そうだ!あなたは、確かに目覚めた!」

            だがほんとうのところ、
            あなたは夢見の中で、ただ目覚めたに過ぎないということには、
            同意できないし、そもそも気付いていない。


            それでもあえて言おう。
            私たちは目覚めてなんかいない。

            どんなに、自分が向き合っている現実が、どれほどにリアルであっても、
            見て、知って、マインドで感じ、さらに触れてその感覚がどんなものであろうとも、
            しかも、今、痛みがあろうとも、あるいは快感があろうとも、
            いまなお、私たちは、意識が創り出した夢見の世界の中にいる。
            たとえ信じられなくても。

            あなたは、こんなことを言えば、
              「冗談じゃない。何をバカなことを言っているんだ。くだらない!
               オレは、昨日と同じように、満員電車に乗り、仕事へ行き、嫌な上司につべこべ
               言われたり、不快な客にも我慢して耐えた。昼や夕方には飯も食い、
               同僚たちと話もした。それなりに、心地良い疲れもした。そこのどこか夢見なんだ。
               バカか、お前は!ふざけんな、アホ!」

            と、私を激しく叱責し、侮蔑を述べるだろう。

            なお、ひるまずに言おう。
            それでも、私たちは夢見の世界の中で、すべてをリアルに体験しているのだ。


            今日のブログでも、
            私たちの意識世界についての理解の一助となる
            素晴らしい題材として取り上げるが。

            前回の当ブログ(☆の・ようなもの。(セパレート・リアリティ part2))で紹介した
            ホラーゲームの「P.T.(サイレントヒル)」は、

            【ここはガッチマンのあれだ】氏のYouTubeにおける実況形式の動画

            【実況】P.T.(サイレントヒル)がめっちゃ怖かった
            https://www.youtube.com/watch?v=nDSSFUJbXdg

            より、引用させていただいた。

            上記、実況動画のゲーム制作者たちは、
            おそらく、気付いていないのだろうと思うが、
            偶々、当該ゲームが、
            意識空間の一端を、見事なほどに象徴的に表現し、
            なぞらえていたと私は思っている。

            このP.T.(サイレントヒル)のゲームは、
            演出的な意図による恐怖で彩られた通路を通り抜けることで、
            Door to Door を繰り返し、繰り返しさせることで、
            また同じような現実を恐怖体験をさせているが。

            このDoor to Doorの象徴が、私たちの日頃、日常だと感じているものの仕組みのなぞりなのだ。
            このゲームは、ただただ恐怖を感じさせるためのゲームとしてだけ意図して創られたものだ。

            私たちの現実には、さまざまな多様性があり、
            時に、恐怖もあるが、喜びもあるし、笑いもある。
            幸せだと感じる瞬間もあるし、一方で、退屈も、不安も、底知れぬ悲しみも。また
            怒りに震えるその瞬間もある。さまざまなシナリオが私たちのために用意されている。
            良いことも、悪いことも含めて、総じて、日常は、基本的には、穏やかである。

            この私たちが体験するあまりにリアルな現実について解釈においては、
            偉大なる先人たちは、すでに理解していたのだ。
            それが、アカシック・レコードと呼ぶ、人類の運命の記録の概念だったりもする。

            現代でも、代表格を数名挙げれば、
            ヴァジム・ゼランド氏の著書「[振り子の法則] リアリティ・トランサーフィン」
            (ヴァジム・ゼランド[著] ほおじろえいいち[監修] 須貝 正浩[訳] 徳間書店)

            で、概念としての「バリアントの空間」の考え方があり、

            バシャールの言う、「次元やパラレルリアリティ」などの概念などがある。

            もう一度、話は元に戻るが、
            ”私たちは夢見の世界の中で、すべてをリアルに体験しているのだ。”
            と上述したが、

            私が言う、
            世界を理解するための根拠は、
            これら先人たちを含めた形而上学的に目覚めた人々の示唆にあるように、
            意識世界の概念が、リアルな物理的な現実世界を映し鏡のように構築している
            という概念に基づく。


            この概念に沿うとき、
            私たちは、常に、どんな状態にあっても、
            それが自ら制限を設けた夢見世界の中にただ在ることに気付かされる。

            文字通り、多くの場合はそうなのだが、
            私たちが意図せず、無意識に流されるままにあるときは、特に、
            無意識なままに深く潜在する私たちの思いがけない願望に同調した世界を夢見するようだ。

            私たちは、夢見の中で、リアルな体験をしているような錯覚の中にいるらしい。

             


             









            posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ☆セパレート・リアリティ
            0

              そのゲームに、思わず惹きつけられた。

              はっきり申し上げておく。私は、ゲームは基本的に嫌いだ。
              だから自分でゲーム機器類を買って、
              あえてすることは今後も、きっとないだろうと思う。

              仮に、いま誰も使用することがないゲームが、たまたまそこにあって、
              誰かに遊ばれることを待っていたとしても、また、
              私が、とんでもなくいま暇であっても、あえてゲームをする気にはならないタイプで。
              私なりの思いに耽る方を選ぶだろう。
              といって、私は、ゲーム否定論者ではない。ただ、やらないだけだ。

              それでも、私たちの存在そのものが、意識しようが、しまいが、
              いま夢の渦中にあって、私たちは意識の中で、鏡に映った人生ゲームを楽しんでいる。
              その意味で、
              ゲーム嫌いの私でも、こちらの人生ゲームには、非常に強い関心を持っている。

              ちょっとこんな前置きをしておきたかった。
              私は、私の思うところがあって、ゲームの中に潜んでいる世界観については、
              大変興味を持っている。

              私は、自分ではゲームをしないから、どうしてもYouTubeなどの「実況系」の動画を観る
              ことになる。その動画を見る際にも、ある種、理屈っぽい哲学が私なりにあって、
              その心の琴線に触れるものでないとならない。

              一昨日、その琴線に触れるゲームの「実況」と出会った。

              実況では、「弟者」氏の動画が人気だ。私も、あの渋いドラマチックな声が好きだ。
              その日、
              たまたまCMなどでも話題になっていた「Watch Dogs」の実況”#7”ぐらいを観ようと思って、
              YouTubeを開いた。
              その動画を再生中に、ブラウザの右側のサブネイルの画像にふと目がいって、
              気まぐれに、そちらの(動画の)再生に気持ちが移ってしまった。

              動画のタイトルは、
              【弟者】P.T.【私の声が聞こえますか?】
              https://www.youtube.com/watch?v=P9P46bUl5xQ

              だった。サブネイルの写真には、沈黙を具現化した森の絵があった。
              そのサブネイルの不思議なトーンに誘われたというほうが正しいだろう。

              導入から少し奇妙な感じがした。【弟者】氏が編集で入れたものだろう。

              赤字で、
              「心臓が弱い方は視聴を控えてください」とある。

              そういう系かと思った。
              多分、グロ系で、最後まで見ることはないだろうと、そのときは思った。

              一応、
              簡単にストーリーを言っておこう。

              ある独房のような部屋の中で、「私」である主人公らしき人物が目覚める。
              なぜか倒れている「私」の傍らでは、
              交尾するゴキブリが大写しで、画面いっぱいに移動している。

              主人公の「私」は、誘われるように、ひとりでに開くドアの向こうへと、
              一歩踏み出す。ゲームの始まりだ

              そのドアの向こうは、薄明るい。
              狭い通路の壁には、灯りが煌々と点り、
              壁に飾られた不自然にたくさんある絵を際立たせている。
              部屋の様式は、どちらかと言えば、ちょっとしたセンスさえ感じさせるが…。
              どうも奇妙だ。

              どこか向こうからラジオかTVらしき音声が、わずかに聞こえてくる。
              近づくと、通路のそこかしこで、腐った食べもののカスや薬類、
              さらに空き瓶などが散乱してひどく汚れている。

              ラジオからは、どこかで惨殺事件があったことを告げている。
              壁や通路には、無数のゴキブリが這いずっている。すべてがどこかアンバランスで異様だ。
              そして、途中にもいくつか閉ざされたドアがある。または、勝手に開くドアもある。
              通路を突き進んできた向こうに、この通路を抜けるらしいドアがある。

              「私」は、ただ、突き進むしか方法がない。
              戻ることもできない。
              促されるまま、ドアを抜けると…。

              なんと、

              いま通り抜けてきたはずの通路へ、再び、やってきたではないか。
              どういうわけか、振り出しに戻ってしまったのだ。
              すべてが、また同じように一から始まる。

              このままでは、
              永遠に抜け出せないのではと思えるループ体験を幾度もするのだ。
              その度に、選択の余地がないように、おぞましい恐怖が「私」を待っている。

              そのループは、ループごとに、
              何かが違う体験をすることになる。
              その未曾有の恐怖は、何が現れるかわからない不安に彩られている。

              ストーリーは、ほぼこのような感じだ。
              ただ淡々とした通路が続くが、それが、妙に怖いのだ。

              きっと何かが待ち構えているはずだと思うが、その期待を見事に裏切る。
              そう単純ではない仕掛けがそこにあるからだ。
              いつも、何か、わからない恐怖が潜んでいる。
              その手法が新しく、観る者を、ズルズルと引き摺りこむ。
              心理的にゲーム者を追い込んでくる手法が優れており、かなり怖いと思う。
              夜、ひとりの部屋では、とてもできない。

              実況する「弟者」氏も、演技でなく相当に怖がっている。
              あの低く目の声が、「ヒョェーッ」と何度も裏返っていた。

              私は、このP.T.「サイレント・ヒル」を面白いと思った。
              弟者氏によれば、冒頭の紹介で、これはPS4のためのただの体験版だという。

              非常に内容のクォリティは高い。

              私の今日のブログは、ここまでが前段なのだ。

              ほんとにこのゲームから、知り得たことは、ただらならぬことだった。

              私は、このゲームの「実況」で、本編があるのかと探してみた。
              それはなく、
              別の実況者

              【実況】P.T.(サイレントヒル)がめっちゃ怖かった
              https://www.youtube.com/watch?v=nDSSFUJbXdg

              で、ハンドルネーム
              【ここはガッチマンのあれだ】氏の実況に、実は、「もの凄く痺れた」のだ。

              そのことがあって、今回、このブログをどうしても書く気になった。
              このゲームから、いくつかの学びがあったのだ。

              シーンの冒頭、【ここはガッチマンのあれだ】氏は、
              ゲームをセットアップする。


              その淡々とした声の調子や話し方などから、彼が、知的な人物だと理解した。

              ならば、上述の実況者【弟者】氏とは、
              この同じゲームを、どのように「実況の違い」で魅せてくれるのか、楽しみ半分で、
              比べてみたかったのだ。その比較は、私にとって、かなり大きな収穫を生むことになった。

              話を元に戻そう。

              (【ここはガッチマンのあれだ】氏)の最初の言葉は、

                 「いきなり始まったね…」

              と、クールに感想を述べる。

              【ここはガッチマンのあれだ】氏は、
              ゲーム上に、日本語字幕が表示されるように設定していたらしい。

                「カチッ、カチッ」と、キーを叩く音で、
              しばらく設定が続く。

                「カチッ、カチッ」
                「カメラはOKと」
                  「……。」
                  「戻ると…」


              ここから、単調な金属のはぜる「ボワーン」という音とともにゲームが始まる。

                 「なんの説明もなしに、始まるね。」  (【ここはガッチマンのあれだ】氏の声)

              ゲームの画像に、次の英語で字幕が現れる。
              日本語訳は、

                「気をつけろ、そのドアの隙間は
                 分断された現実(セパレート・リアリティ)だ。」
              と。


              私は、この字幕を読んだ瞬間に、グルグルと私の思考が始まった。
              すでに「弟者」氏の実況の体験で、このゲームの内容を知っている。

              私は、パラレル・リアリティの世界の理解に足を大きく踏み入れたように感じたのだ。

              ゲームの英語字幕は、さらに私を痺れさせた。
              日本語訳は、

                 「俺なのは俺だけだ。
                  お前なのはお前だけか?」


              という表示がされる。何とも難解な言葉だが、グサリと私の心を突き刺した。

              【ここはガッチマンのあれだ】氏のゲーム実況は、どんどん進む。
              主人公の「私」が目覚めた部屋から、誘うようにひとりでに開かれたドアを、
              さらに大きく開けて進み出る。最初の狭い通路に出る。

              そこで、
              【ここはガッチマンのあれだ】氏のゲームの操作の仕方を同時進行で、
              確認する実況が、2〜3ある。

                「ダッシュとかは、なし…。……。あ!押し込みで、アレか…。主観というか…
                 ズーム。で…。何の情報もないからね。」


              と続く。ゲームは進行している。
              この【ここはガッチマンのあれだ】氏の「何の情報もないからね。」の言葉は、

              後に、大きな意味を持つ言葉となる。

              彼自身が何気なく発した言葉だが。
              そこに重要な意味があったことを、
              彼が、気づいたか、どうかは…分からない。

              本日のブログは、思いのほか、かなり長文になったので、
              そろそろ今日の分のブログを締めくくりたい。

                    …で、結論を急ごう。

              この 「P.T.(サイレントヒル)」は、
              同じ恐怖の現実がループすることによって、恐怖心を増している。

              ループする現実に、「何の情報もないからね。」が、

              恐怖の現実に陥ったときに、
              再現なく、恐怖心を煽る 
              という
              示唆を、このゲームは表現して見せた。

              私は、このゲームを考えれば考えるほど、私たちの日常とオーバーラップしていた。
              私たちの日常は、原則、恐怖心や不安を煽ることはない。

              学生なら、朝、ほぼ決まった時間に起きて、簡単な朝食を取り、いつものように、電車に乗り、学校へ行く。それなりにカリキュラムを終えて、クラブや、塾、あるいはまっすぐ家に帰るなど、
              さまざまだが、ほぼそれを繰り返す。

              勤め人も、ほぼ同様の毎日を繰り返す。だが、仔細に毎日を振り返れば、
              似ているような毎日でありながら、決して、同じではない。出会う人も、同じでありながら、
              異なる場合もある。

              パターンは無限にあり、それを私たちは体験している。

              私たちは、実はパラレルな世界を体験しているということに気付かないだろうか。

              「同じような(毎日)」という括りはできても、実は、どんな毎日も、
              昨日とまったく同じではない。全く、異なっている。絶対に違う。
              私たちの形而上学的な世界は、バリアントな空間に、パラレルな世界として、微妙に異なるシナリオの羅列を無限に秘めている。

              「P.T.(サイレントヒル)」は、小さなゲームの世界に、
              実は、
              ループする現実のモチーフを使って、パラレルな世界の概念を示唆しているのだ。

              このゲームの場合は、恐怖に舞い込んだという設定で。

              で、私の気づきは、まだ不十分だが、この本日のブログのタイトルである。
              「セパレート・リアリティ」についても、触れたいが、明日以降とさせていただきたい。


                                      ――明日以降に続く。

               

               

               

               

               

               

               

               

              posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ☆留め置くことのできなかった夢見
              0

                2-3日前に、とるに足りない1シーンの夢を見た。あえて言うほどの夢でもなく、
                何のための夢?と訝りたくなるような…。その程度の夢で。
                事実、目覚めた時は、「何なの」つまらない夢だったなと思った。

                本当にどうでもいい夢だった。

                だが、それでもちょっといつもと違っていたのは、
                目覚めた瞬間に、

                「はっ」としたことだった。

                その夢見と目覚めで体験する現実の切り替えに、「何か」を気づきかけたということが、
                これまでの夢見体験と大きく違っていたのだ。ならば、その夢の内容を覚えておこうとした。
                なぜなら、このブログに書きたいと思ったからだ。

                実際、その日はしっかり覚えていた。

                いつでも思い出せるほど、しっかり記憶したはずだった。(…メモしておけば良かった。)

                しかし、日々のしなければならない雑事などに追われ、すぐにブログを書く手間と時間が作れなかったこと。さらに言うと、
                夢に関連して、気になった「はっ」とするほどの、夢から得た”気づきつつ”あった内容が、
                「一体、何だったのか。」その「はっ」とした一瞬を手繰るうちに、
                肝心な夢の内容をすっかり忘れてしまった。

                何とも、情けない話だ。

                それでも、その夢見の印象の欠片(かけら)から、ヴァジム・ゼランド氏のリアリティ・トランサーフィンシリーズで展開されている、概念上の形而上学的な世界、バリアントの空間に
                ――その刹那、私の魂が夢見空間に居たのだなというちょっとした妙な感覚が持てたこと。

                厳密にいえば、それを何となく実感したように思ったのだ。
                もちろん、向こうを張って、自信をもって言えるようなことではなく、

                ただ感じただけで。
                いわゆる自分にとって都合の良い錯覚かもしれない。

                つまり、
                夢と目覚めとの境界にある橋渡しの直後の不思議な「気づき」の感覚は、
                私の魂が、ゼランド氏の言うように、バリアントの空間を自由に飛び回っていたのだなというような感覚を味わったことにある。

                魂が自由に飛びまったと大層にはいうものの、その実、一時的に記憶に残った夢の記憶は、
                1シーンだけだったし。

                まったく他の夢をついでに見たという記憶もない。

                なのに、夢と目覚めの橋渡し的な直後に得たものは、
                何かしら、魂が自由に飛び回っていたのだというどこか曖昧な印象だった。

                それは、
                私の魂が、バリアントの空間に無限にある人生ラインのセクターを、
                まるで夢見のインデックスのほんの一部をチョイ見し、スルリと掠めたのだろうという感じだ。

                私の前述の「『はっ』とするような何かの気づき」とは、
                その感覚のことだったのかもしれないと、今、このブログを書いていてそんな気がしている。

                いずれにせよ。
                私は、今となっては、夢の内容を忘れてしまったが。

                その後、私が振り返って考えたことは、
                夢見が、私の物理的な現実とは、大きくかなりかけ離れた、
                しかも、特にこれといった特徴もなく、面白くもない夢を見たということだった。

                その上で、
                再び、私の意識は、昨日に続く、ごく当たり前の現実化された人生ラインに戻ってきて、
                毎日とそう変わらない同じようなことを繰り返す「選択」をしたということだ。

                私の魂は、バリアントの空間を自由に飛びまわりながら、
                結局、いつもの日常とそう変わらない「選択」をしたという事実を
                いま体験している。

                おそらく、バリアントの空間で夢見した「とるに足りない夢」の現実化は、
                敢えて選択しなかったという事実だけが私に残った。

                蛇足ながら言うなら、

                私の魂が、バリアントの空間を自由に飛び回っていたという(=あいまいな感じだが)感覚は、
                他の人生ライン(セクター)の選択も、潜在的には可能性として”ある”のだということと知らされたこと。

                それでも、比較において、ほぼ現状を維持するかのような――物理的現実を継続する人生ラインを、そのままただ選択したのだなという印象を抱いた。

                重要なのは、私がバリアントの空間で見た夢も、物理的世界に現実化されて、どれほどリアルにある目の前の世界も、「私」の意識の世界の中で起きていることであり、すべては幻想に過ぎないということだ。


                 





                posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ☆「欲していないものが起きる」とき
                0

                  私たちは、物理的現実に、私たちの望んでいるものを現出したいと願う。
                  あるいは努力する。
                  だが、その思いや目論見は、概ね期待通りにいかない。

                  むしろまったく逆に
                  「望んでいない現実」を招き、これでもかという具合に不快な現実を味わうこともある。

                  自身のことでいえば、私は、この春に、お金にまつわる綱渡り状態を毎月のように体験するなかで、いまそれを振り返りながら、つくづく気づかされたことがある。

                  しばらくぶりで記述するこのブログに、そこから得たものを書いてみたいと思う。
                  詳細を書くことは避けさせていただくが、一例で言うなら、お金に不足を感じているとき、
                  しかも、そこに不安や疑念に捉われたフォーカスが向けられている間は、
                  望まないことが次々からへと押し寄せてくることを、文字通り体験的に知ることになった。

                  私が、実感として知ったことは、この物理的現実に関して言えば、
                  極めて単純な物理法則が支配しているということに気付かされた点にある。

                  それは、このブログで何度も触れてきたが、

                     「原因」と「結果」の法則が、それだ。

                  この法則は、どんな状態や場面にも、その法則が貫かれているという気づきだ。

                  例えば
                  時間と空間といういわゆる物理現象でさえ、
                  見方を変えれば、
                  時間は、「原因」で、空間はその「結果」だとみなしてもよいと考えている。

                  バシャールは、時間は、そもそも幻想で、シフトに付随するものだと言う。

                  ならば、やや乱暴かもしれないが、
                  ”時間”そのものをシフトとみてもいいと思う。
                  そして、
                  シフティングした”結果”として、一つの「空間」が生じるという理解。

                  私は、物理学者ではないので、論理的にはデタラメで間違っているのかもしれないが。
                  そこはお許し願いたい。

                  ただ、そういう見方をしても、
                  文系的な解釈から言わせてもらうと同様に見ても良いのでは、と勝手に感じている。


                  「原因」と「結果」の法則に話を戻そう。

                  私は、この3Dの物理的現実を、形而上学的な概念から、
                  心の内面的な状態が、外的世界(物理的現実)を構築しているという立場を支持している。

                  その意味で、私たちの心の状態こそが、外的世界の「原因」となり、その反映を「結果」として、物理的現実として投影しているのだと信じている。

                  このことを踏まえたとき、次のような考えが浮かぶ。

                  私たちの願望は、心次第だと。

                  そして、この立場をとる限り、それは正しい。

                  実際、私たちは、望む現実を創出するために、念じ願う。

                  心に望む現実を描き、
                  それを「原因」にして、外的世界に望む結果が得られるはずだから。

                  ところが、実際は、簡単にそのように、ならない。
                  このブログの冒頭に書いたように、
                  むしろ、リアリティがあざ笑うように、全く「欲しない現実」をもたらすことがある。

                  いや大概は、
                  そうした場合が多いに違いない。

                  しかし、上述した「原因」と「結果」の法則は、それでも見事に働いているのだと
                  指摘しておきたい。しかも私たちの願うままを忠実に、希望どおりになのだ。

                  このように言えば、異論があるだろう。
                  欲していない現実に翻弄されて、何が、希望通りなのだと言えるのかと。

                  その指摘は、まさしく、その通りだ。

                  しかし、それでもあえて私は、見事に宇宙は「原因」と「結果」の法則を、
                  私たちのために、正確に返してくれているのだと指摘しておきたい。

                  この指摘の意味を記述する前に、

                  トランサーフィンシリーズの第4巻
                  「トランサーフィン『鏡の法則』」(ヴァジム・ゼランド[著] ほおじろえいいち[監修] 須貝 正浩[訳] 徳間書店)のp25の後半から次の箇所を引用させていただきたい。


                    「人は『自分の欲するとおりに』なるよう努力する。そして
                     『顔を向けたほうへ行く』『押せばたわむ』という簡単な世界に
                     当てはめようとする。しかし、なぜか世界はそれに従おうとはしない。
                     それどころか、人が顔を向けた方向とはまったく別の方向へと
                     運ばれてしまうのだ。」

                  この引用には、私たちの願望に対する鋭い洞察と示唆が含まれている。
                  しかも、

                     「『押せばたわむ』という簡単な世界に当てはめようとする。」

                  という記述には、上述した「原因」と「結果」の法則についてさえ、
                  なぞりをイメージしやすいように物理的に説明している。

                  「望まない現実」「欲しない現実」が起きるためには、そもそも、すでに私たちが「原因」創り出しているということだ。

                  つまり、
                  望む現実を願った時点で、宇宙に「原因」を表明し、創出を願ったということだ。

                  そして、
                  宇宙は、あまりに原理原則どおり、私たちの願うとおりに「心の内面」を現実化してくれる。
                  そもそも望むことがなければ、
                  宇宙は、何らかの結果をもたらすことがないのだ。

                  それが結果として、
                  私たちの意識が「望まない現実」「欲しない現実」になってしまうのは、私たちの潜在的な「心の状態」そのものに実は、問題があるからなのだ。

                  あるいは付随して、トランサーフィンの各巻がシリーズの中で指摘しているように、
                  過剰ポテンシャル、重要性、依存関係等を生み出し、それが過剰な期待に対するバランスをとろうとして、逆の反作用の結果を見せつけてくることにある。

                  ゼランド氏は、同著の中で、次の指摘をしている。

                    「もしリアリティのふるまいが期待にそぐわないのであれば、
                     別のアプローチを取らなくてはならないだろうということだ。」

                      (前出:p25−26)

                  その方法として、次のような示唆もある。


                    「請わず、求めず、苦労して勝ち取らず、創り上げるのだ。」
                           (前出:p163)
                  と。


                   





                  posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ☆見ているモノ
                  0

                    そこへ行った日から2週間になった。

                    前回のブログ(見ろよ、青い空)で書かかせていただいた新丸子
                    および武蔵小杉方面に出かけた日のことだ。

                    昨日、また、どうしてもそこへ行ってみたくなった。雨が降っているが。
                    いま、小ぶりになったり、一時はスコールのように激しく降ったりする。
                    今日はやめようかとも思うが、ふと雨が小やみになったりする。そして、
                    「たぶん…、大丈夫だろう…」で、電車に乗る。

                    傘はない。

                    天気の次第は、見込みだけで掛けに出た。
                    しかし、
                    梅雨があけ切らないこの時期は、予想はまったく当てにならない。
                    概ねハズレる。

                    自由が丘で、電車を乗り換えたあたりから、
                    雨脚が急に強くなった。
                    だとしても「大丈夫!」だと思うようにした。

                    chokosou01.jpg

                    chokosou08.jpg

                    前回 同様、新丸子で電車を降りると、
                    やや雨の勢いが落ちてきたので、駅構内で、空を見上げて、
                    しばらく様子を待つことにした。

                    ふと商店街の向こうにセブンイレブンが見えた。

                    「コロッケ買おうか…。」

                    「セブン」の店に近づくと、道路を挟んだ右手向かい側に、ファミリーマートがあった。
                    「ならば…」と、”ファミコロ”を選択した。

                    駅構内を飛び出した直後、雨の勢いが増してきた。

                    コロッケを店の軒下で食べたあと、駅構内に再び駆け込んだ。

                    暫く、待っていると、雨が小やみになった。雨がやんだわけじゃない。
                    ほとんどの人は傘をさしている。

                    「さあ、行こう…」
                    なぜ、また今日も来たのか。ワクワクしたからだ。
                    もう一度、訪ねてみたくなった。天気はともかく。

                    目の前の向こうに、豊かさの象徴の超高層のマンション群が見えている。


                    chokosou06.jpg

                    ふと、思う。

                    私のここへ来たいという意図は、私の意識の中で、いま、まさに
                    現実化し具現化した瞬間なのだ、と。

                    量子力学的な概念で言えば、私や、私自身をとりまくすべての現実や状況も、
                    そして低く雲が垂れこめた天を貫くように立ち並ぶ高層群も、
                    私の意識下の創造の産物なのだ。
                    すべては、私自身の意識の中で起きている。それは、物理的に文字通り存在し、
                    観察できるかどうかは、重要な問題でなく、むしろ私自身の選択の問題なのだと。

                    ほぼ前回と同じようなコースを辿って、歩き始めた。神社の辻の傍にあるファミリーマートで、
                    本日、2個目のコロッケを買った。前回、買い食いした店だ。今日は、揚げたてで、特に旨い。
                    これも、ちょっとした楽しみ。

                    chokosou02.jpg


                    今回、再び、この町へ来たのは、もう一つ理由があった。
                    ある気づきがあったからでもある。それを、肌で感じたいと思ったといってもいい。
                    前回、携帯で撮った写真データを眺めているうちに、その気づきがあったのだ。
                    写真データのほとんどは、超高層マンションのデータが中心で。
                    いろんな角度やいろんな方面で、撮りためたものだ。


                    chokosou03.jpg

                    その一部を前回のブログに掲載した。今回も、
                    やはり、その超高層のマンションを中心に、ある意図をもって、撮影をした。

                    まず、気づきについて記述したい。

                    言ってみれば、極めて単純なことなのだが。
                    改めて、「そういうことか…」と思わされた内容だ。
                    写真データを眺めながら、
                    それぞれのカットは、もちろん私自身が、折々に撮影したものだが。

                    仮に、もし、
                    それらを、同じ対象物についての、
                    いろんな人々の、それぞれの視点の違い、理解なのだと受け入れるとするなら、

                    私たちは、その対象物に、一体、何を見ているのだろうと、考えた。

                    答えは、こうだ。

                    見ている対象物(= フォーカスしているモノ)は、同じものでも、
                    人それぞれの、さまざまな状況を反映した意識状態の反映の現れなのだということ。

                    つまり、
                    私たちは、私たちの創り上げた概念を見ているに過ぎないということだ。

                    このとき、フォーカスするモノの大切さを悟った。

                    chokosou07.jpg

                    この日、撮影するに当たっては(=前述したある意図とは)、

                    超高層のマンションの下の豊かさを象徴した緑あふれる街並みや
                    周囲の発展状況などに、フォーカスしようと思ったのだ。

                    chokosou05.jpg

                    chokosou04.jpg

                    それは、私たちの目の前に起きたこと、必ずしも良いことばかりでなく、

                    一見、どんな不快な場面、どんな状況にあっても、
                    「豊かさ」にフォーカスするその選択、その権利は、
                    私たちの内側の意識に中にあるということで。
                    つまり、豊かさを選択できるチャンスは、
                    常に用意されており、与えられているということを意味する。

                    それは、
                    「豊かさ」を肯定するとぃう意味があり、結果、
                    「豊かさ」を許容することに通じる。




                    posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    ☆muteki
                    0

                      このブログを見ていただいている方の中には、
                      「GTA5」をご存じの方が多少はいるだろうか…。

                      アメリカのゲーム『グランド・セフト・オート』(Grand Theft Auto、略称:GTA)の
                      そのシリーズのことだ。
                      正直、言うと、私はゲームが全く苦手だ。基本的に好きではない。
                      2−3分やったら、もうどうでもよくなる。

                      固より、ゲーム音痴なのだから、私が、『グランド・セフト・オート』について語る資格は、
                      全くないと思っている。
                      語れば、すぐにボロが出るので。その意味で、ほんの触りだけ。

                      私が、今日のこのブログを書こうと思ったモチーフレベルで、
                      感じた重要なポイントについてだけ触れたいだけだ。

                      私には、このゲームについて、全く知識がないのだから、ウィキペディアから、
                      簡単な説明を引用しておこう。

                      グランド・セフト・オートシリーズ
                      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA#.E6.A6.82.E8.A6.81

                        「『グランド・セフト・オート』(Grand Theft Auto、略称:GTA)は、
                         アメリカのゲーム制作会社・Rockstar Gamesが発売したコンピューター
                         ゲームのシリーズ。架空の街中で突然人を殺害したり、車を盗んで走り回るなど、
                         犯罪を中心にした放埒な内容が特徴。2013年9月時点では、全世界でシリーズ
                         累計1億5000万本の売り上げを記録[1]している大ヒット作品である。」

                                                   (ウィキペディアより)

                      とある。

                      私がこのゲームを知ったのは、数週間前ぐらいだった。
                      YouTubeの動画で、おもしろゲーム実況者の紹介動画で知ったのだ。
                      なぜ、
                      このゲーム紹介を見たかというと、
                      スピリチュアルな理解として、私たちの人生で向き合う現実は、
                      「人生はゲームである」ということと大いに関係しているからだ。

                      大いなる内なる自分に仕向けられた、制限だらけの物理的な現実を生きる
                      エゴの自分自身を解釈するとき、

                      コンピュータゲームの作中人物が、ゲーム上のさまざまな展開で、
                      文字通り、振り回され、闘ったり、乗り越えたりというあたりが…。

                      そこを、
                      あえてかなり乱暴な言い方をすれば、私たちの人生も、所詮、こんな感じなのかなと、
                      ちょっとした感覚を持つからだ。

                      だから、ゲームをうまくこなすということに関心があるわけでは決してない。
                      私が感じ取ろうとしているのは、いつも、
                      ある意味コンピュータゲームに興じるハイヤーセルフと
                      物理的な現実――3Dゲームのフィールドを生きるエゴとしての自分との
                      対比で見るときに興味を惹く。

                      最近のゲームは、かなりリアルだ。映像が非常に素晴らしい。
                      とても緻密に作られており、その分、製作現場は恐ろしく大変だったろうと、
                      つくづく思う。と同時に、表現は、グロい。

                      はっきり言えば、暴力シーンなどが過激で、酷く生々しく、
                      ここまでやるのかというほどだ。

                      このブログでそれを表現するのも憚るので、とにかく「エグぃ」という言い方で、
                      さらりと済ませたい。
                      そこにフォーカスするのが、このブログのテーマでも、狙いでもないので。

                      前述の「GTA5」に話を戻そう。

                      ウィキペディアなどの説明によれば、
                      「GTA5」は、

                        「オープンワールド型クライムアクションゲームである。」(ウィキペディアより)

                      だとあった。
                      ゲーム紹介の実況動画を見る限り、このゲーム一体、どうなっているのかと、
                      驚くくらいに
                      設定の自由度が高く、さらに、さらに新奇の目を見張る。

                      私の知る限りで言えば、このゲームは、
                      好き勝手に、まるで犯罪者のごとく振る舞えるということだ。
                      それが、既存のゲームとちょっと異なり、びっくりする。

                      自動車やバイク、そのほか、飛行機やヘリコプター、その他、状況次第で軍関係に至るものまで、手当たり次第に奪い取ったり。そして使い倒し、街を荒していく。
                      あるいは、ちょっとした挑戦も行える。

                      その挑戦というのは、はっきりいって、粗っぽく、不毛なものが多い。
                      超高層のビルの屋上から、バイクで飛び降りるだとか。
                      急峻な山の崖から、ロードバイクで、下りるだとか。街中で、銃を乱射するというのもある。

                      とにかく、内容が過激なゲームなのだが。

                      YouTubeの実況ゲーム動画の中に
                      こんなタイトルがある。

                      【GTA5】無敵になって警察と戦ってみた
                      http://www.youtube.com/watch?v=Zx8DieBC4jE

                      だ。
                      この動画を見ているときに、ゲーム実況者の言葉から、
                      「はっ」とする言葉を聞いた。

                      ゲームの主人公には、無敵になる特別な設定があって、撃たれても死なない。
                      あるいは、反撃する弾にもあたりにくくなるのだろう。そんな都合のいい設定があるのだが。

                      このゲーム実況者が、ゲーム主人公に無敵設定をして、
                      街中で警察関係者や軍までを相手に、銃機類を乱射し、自動車を破壊する。
                      応戦する相手を悉くせん滅していくそんな内容だ。12分ほどの実況なのだが。

                      その時に、この動画のUP主が、2分30秒付近で、口走った言葉に、
                      私は、ちょっとした気付きを得て、反応した。ゲームの1分30秒付近から、
                      その流れを、大まかに記述しておこう。

                      実況者:「戦争だ。戦争だ。…。」
                         
                         交差点で、マイケルという主人公が、銃を乱射する。
                         警察関係者らが、この銃乱射男を制圧しようと、交差点に集結してくるが。
                         マイケルは、無敵だ。いま不死身なのだ。

                      実況者:「あ、いけねぇ。(弾が)当たんないねぇ。」
                        
                        ゲームの進行上、武器を交換する設定の画面が出る。再びゲームが、
                      続行され展開される。

                      実況者:「戦争だ。戦争だ。完全無敵ですよ。完全無敵。フッ!フウー!いいねー。」

                        またまた武器を交換設定。武器選びの画面が出る。

                      実況者:「クルマ来ないね。あ、いた、いた。(ズドン!)。ヨォーイッショ!
                           じゃあ、ヘリコプターを撃ち落としましょ!(バリ、バリ、バリ、バリッ!)」

                         命中し、ヘリが空中で、粉々に。
                       
                      実況者:「♪〜、ヘイ、ヘイ! これは未来から、持ってきた武器だ。
                           ド、ド、ド、ドーッ、ハイ、オッケー!」

                        実況者は、怖いものなしで、とにかく無敵の主人公マイケルをコントロールし暴れまくる。

                      そして、次の言葉以降で、私は、気付くことになった。

                      なんと、ゲーム実況者の口から、
                      スピリチュアルな示唆を与える言葉が発せられるのだ。
                      もちろん、本人にその自覚はないと思うが。

                      実況者:「完全に無敵。もう…、つまらないねぇー、これ。もはや、つまらない!
                           ターミネーター、ターミネーター化しているね。」


                      人は、身体を鍛え、知恵を学び、いろいろな力を付け、どんな敵、どんな状況、
                      どんな困難からも、無敵でありたいと思うが。

                      いや無敵になりたいと思って、いつも希望し念願しているが、
                      いざ、それが手に入ったとき、この実況者の何気ない一言は、
                      驚きの示唆だと言える。

                      このゲームについて、あるいは、この実況者についても、
                      私はどうのこうの言うつもりは一切ない。

                      それは、各人が、各様に思えばいい。

                      だが、どんな場面にも、ちょっとした示唆が含まれているものだな
                      ということは言っておきたい。気づくかどうかだけなのだ。

                      昨日、書いたブログで紹介した

                      故・津留晃一氏の「変容」
                      http://www1.ttcn.ne.jp/turu/16henka.htm

                      の中でも、語られているが。

                      スピリチュアルな次元でいえば、
                      私たちは、本来、完全無欠な存在なのだ。無限のパワーを持つ存在なのだ。

                      なぜなら、
                      神(あるいは創造主)が、完璧な存在であるということに異論を唱える者は、
                      まず原則いないだろうと思う。
                      だとするなら、

                      その完璧な存在の神(創造主)が、創ったものが、私たちだとするなら、
                      欠点だらけ、不足だらけだと考えるのは、どう見ても矛盾だ。
                      神が欠陥品を作る訳がないからだ。
                      神(創造主)の創りしもの、神の似姿の私たちは、固より、完璧なのだ。
                      だが、私たちが、無敵なもの、全能を求めて、不足を思うのは、
                      なぜなのか。

                      それは、
                      あえて自ら制限をかけて、この物理的現実にいる必要と理由があるからだ。
                      あえて問題を、ただ問題だらけの世界を「体験」するという理由のためなのだ。

                      それを踏まえた上で、津留氏は次のように述べる。

                        「このままで何一つ問題がないところから創造した、
                         問題の世界が今ここなのです。

                         ここは問題の世界、
                         あなたの人生ゲームを存分に楽しんで下さい。

                         あなたはそのままで何ひとつ問題ありません。そのままで完全です。
                         不完全なあなたこそが、今ここにいる理由なのですから。」

                                         (津留晃一氏「変容」より)

                       




                      posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |