PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
MOVEコーチング 東京

世界NO1コーチ、アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎によるコーチ認定講座です。
MOVEコーチング 大阪
MOVEコーチング 名古屋
MOVEコーチング 福岡
お通じ対策に!
Recommend
トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 (超★スピ)
トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 (超★スピ) (JUGEMレビュー »)
ヴァジム・ゼランド
トランサーフィン第4巻 この本の特に第2章の圧倒的な概念が、この世界は、「二元鏡」の世界であること、さらに「神々の夢見(この世)」だとする世界観によって、私たちの認識を大いに変えるだろう。
Recommend
超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法―振り子の法則トランサーフィン (超★スピ)
超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法―振り子の法則トランサーフィン (超★スピ) (JUGEMレビュー »)
ヴァジム ゼランド
第1巻で、老監視員から投げかけられたあの奇妙なメッセージ「お前さんの持っているりんごは空へ落ちていくじゃろう」(第1巻より)という謎が、この第3巻で、いよいよ明らかになる。
Recommend
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択 (JUGEMレビュー »)
ヴァジム・ゼランド
この2巻の主要なテーマは、”外的意図”に尽きるだろう。そして、
願望実現のためには、外的意図をどうコントロールするかだ。
そのためには、魂(潜在意識)と理性(顕在意識)の一致が不可欠であるという。
Recommend
「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択
「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択 (JUGEMレビュー »)
ヴァジム ゼランド
「トランサーフィンは、まるでスーパーマーケットで商品を選ぶように、文字通り運命を選ぶ方法である。」という。いま願望を現実化するもっとも斬新な新しい世界観を語っている。
Recommend
マスターの教え
マスターの教え (JUGEMレビュー »)
ジョン マクドナルド
この本の著者であるジョン・マクドナルド自らが、≪読者のみなさんへ≫の中で、この本には”説明の出来ない「何か」”があると云わしめるくり返し読みたくなる不思議な本。
Recommend
斎藤一人 千年たってもいい話
斎藤一人 千年たってもいい話 (JUGEMレビュー »)
斎藤一人
私がお気に入りの斎藤一人さんの音声CDがまさに、これだ。特に幸せのなり方が素晴らしい。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ☆宇宙一元論
    0

      心を捕らわれていたワクワクする事柄がある。

      それは、成功法則を真に理解するための大きな前進となる事柄で。
      先日も、当ブログの記述の中で、少し仄めかした「思考する物質」に端を発している
      事柄でもある。
      つまり、
      宇宙は一つであるという根拠になっている宇宙一元論のことなのだ。

      これもシンクロ二シティなのか…。
      たったいま、手にした「ザ・マスター・キー」
      (チャールズ・F・ハアネル[著] 菅 靖彦[訳] 河出書房)を開くと、
      たまたま本の表紙の折り返しを挟んであった箇所だが。
      宇宙一元論の箇所だなどと意図して挟んでいた箇所ではなかったのだが、
      ふとラインを引いた箇所に目をやると、いまもっとも気になっている宇宙一元論に
      関わる内容の記述がすぐ目の前にあったのだ。

      ハーネル氏は次のように説く。

         「宇宙が物質的事実になる以前、形へと変換される思考だったに
          ちがいないことは誰でも認めています。思考が具体的な形を取って
          物質的な宇宙が生まれたのです。」
               (「ザ・マスター・キー」:p97より)

      とある。

      これは何を意味するか。

      もちろん宇宙の成り立ちを説明しているのだが。言うまでもなく同時に、
      至近の示唆では、思考と物質は表裏一体であることを述べているのだ。

      5月5日の当ブログ”☆凄い洞察から分かること”でも書いたが、
      思考を宿す心は、物質と同じものからできているという意味であり、
      違っているようにみえても、実は、同じもの異なる属性たということだ。

      この宇宙一元論については、
      「富を『引き寄せる』科学的法則」(ウォレス・ワトルズ[著] 山川紘矢+山川亜希子[訳] 角川文庫)の著者ウォレス・ワトルズ氏は、前出書の「はじめに」で、次のように書いている。

         「宇宙一元論――宇宙に存在する物質はただの一つのもので、
          それがこの物質界において、多くのものに姿を変えている――という、
          もともとはヒンズー教から始まった考え方だが、ここ二百年の間に
          西洋社会に受け入れられるようになりました。この宇宙一元論はあらゆる
          西洋哲学の基礎となっていますが、デカルト、スピノザ、ライブニッツ、
          ショーペンハウエル、ヘーゲル、エマーソンたちの思想の基礎ともなって
          います。」
                  
      富を『引き寄せる』科学的法則」p8より

      と記述されている。

      私とっては、自身の理解は、まだまだ宇宙一元論のそもそもの理解の入口にすら
      立っていないように思うが、それでも、師の示唆を受け、その範囲で理解を始め
      つつあるとき、足元を大きく、照らしてくれたように感じた。

      いままで分かりにくかった。
      物質化の現象の…なぜ? を知らしめてくれている。

      さらに言えば、
      思考が、物質化するのなら、そこに願望実現のなぜの理由すら、文字通り、
      明解になるということでもある。これを踏まえて、

      このワトルズ氏の著作には、私がもっとも、敬虔に受け止めている打ち震える言葉が
      引用されていた。ここでも紹介しておこう。それは、イエス・キリストの言葉だ。

         「なんでも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。」
           (「マルコによる福音書」 第11章24節
               ――「富を『引き寄せる』科学的法則」p75より)
                 富を『引き寄せる』科学的法則」p75より

      心に秘めた思い、思考は、現実化(物質化)するということだ。

       


       



      posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 19:07 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 19:07 | - | - | - | - |
        ありがとうございます。
        宇宙一元論は本当に目から鱗です。
        すべての物質が思考によって造られ
        私たちの体の細胞が60兆の細胞から造られていると感じました。
        その細胞が一つ一つの組み合わさって人間が形成されていると感じました。
        がゆえに、感謝の法則
        この世の全てに感謝(物質)と私の心(魂)が教えてくれるのです。
        このブログに感謝します。
        ありがとうございました。
        | 鈴木良彦 | 2014/05/14 8:25 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://succes-fou.jugem.jp/trackback/585
        トラックバック