Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
MOVEコーチング 東京

世界NO1コーチ、アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎によるコーチ認定講座です。
MOVEコーチング 大阪
MOVEコーチング 名古屋
MOVEコーチング 福岡
お通じ対策に!
Recommend
トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 (超★スピ)
トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 (超★スピ) (JUGEMレビュー »)
ヴァジム・ゼランド
トランサーフィン第4巻 この本の特に第2章の圧倒的な概念が、この世界は、「二元鏡」の世界であること、さらに「神々の夢見(この世)」だとする世界観によって、私たちの認識を大いに変えるだろう。
Recommend
超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法―振り子の法則トランサーフィン (超★スピ)
超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法―振り子の法則トランサーフィン (超★スピ) (JUGEMレビュー »)
ヴァジム ゼランド
第1巻で、老監視員から投げかけられたあの奇妙なメッセージ「お前さんの持っているりんごは空へ落ちていくじゃろう」(第1巻より)という謎が、この第3巻で、いよいよ明らかになる。
Recommend
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択 (JUGEMレビュー »)
ヴァジム・ゼランド
この2巻の主要なテーマは、”外的意図”に尽きるだろう。そして、
願望実現のためには、外的意図をどうコントロールするかだ。
そのためには、魂(潜在意識)と理性(顕在意識)の一致が不可欠であるという。
Recommend
「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択
「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択 (JUGEMレビュー »)
ヴァジム ゼランド
「トランサーフィンは、まるでスーパーマーケットで商品を選ぶように、文字通り運命を選ぶ方法である。」という。いま願望を現実化するもっとも斬新な新しい世界観を語っている。
Recommend
マスターの教え
マスターの教え (JUGEMレビュー »)
ジョン マクドナルド
この本の著者であるジョン・マクドナルド自らが、≪読者のみなさんへ≫の中で、この本には”説明の出来ない「何か」”があると云わしめるくり返し読みたくなる不思議な本。
Recommend
斎藤一人 千年たってもいい話
斎藤一人 千年たってもいい話 (JUGEMレビュー »)
斎藤一人
私がお気に入りの斎藤一人さんの音声CDがまさに、これだ。特に幸せのなり方が素晴らしい。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
☆りんごが空に落ちていくことも不思議ではない出来事
0

    私は日ごろから、注意深く周りを見ている。
    次元の片鱗を見出したいからだ。

    異なる次元を私たちは、絶対に見ることができないものなのだろうか…。
    私は、感じたり、それらしいものが、
    私たちの次元に尻尾の先の先を覗かせることがあるのではと、勝手に思っている。

    ただ私たちには、気づくことがなかなか容易ではないようだ。
    あまりにもリアルな物理的現実に、見事に溶け込んでいるからだろうと思っている。

    私があえてそんなことを書いてみたいと思ったのは、
    やはり、リアリティ・トランサーフィンシリーズの著者
     ヴァジム・ゼランド氏の作品の中の
    「りんごが空に落ちていく」というキーワードの影響によるものだ。

    今朝、ある出来事に遭遇した。
    そして、それは、実は、以前にも、見かけたものだった。
    それは作り話ではない。実際にあった事。

    ある出来事とは、
    共同住宅の廊下を歩いていた時だ。壁伝いの小さなクモに気付いた。
    虫はどの虫も苦手だが、クモにも対しても嫌煙した気持があるが、
    若干、他の虫を見る目と私の中では、異なっている。
    妙な言い方だが、嫌いだが、一目を置いているというあたりが、ニュアンスとして近い。

    そのクモを、何気なく見ていたとき、ちょっとちょっかいを出した。
    近くにあった箒を手に取り、クモの進路を塞いだりして、クモを混乱させたのだ。

    そして、次の瞬間それが起きた。
    垂直に立つ壁を這っているクモが、
    箒で茶化されていることにストレスを
    感じているであろうクモが、
    わずかにジャンプして箒の災いから逃げようとした。

    壁の真ん中あたりで。

    私が、ハッとしたのは、
    何が何でも、ジャンプして逃げようとするクモの懸命なその姿ではない。
    私の関心を引いたのは、物理法則を明らかに無視する現象そのものにあった。
    なぜなら、
    クモは僅かだが、ジャンプした際に、垂直の壁から90度真横に飛び、
    一時、2−3cmほど壁から離れて、
    再び、這いずり回っていた垂直の壁に着地し戻ったのだ。

    そんなことあり得ないじゃないか…。

    そもそも、
    垂直の壁を移動すること自体、大変に負荷の掛ることなのに、
    なぜ、ジャンプして落ちることなく、
    元の壁に吸い寄せられるように着地できるのか。

    もう一度、言いたい。

    そんなこと、あり得ないじゃないか。

    もう一度、それが見たくて、箒で、クモを追い回した。クモには、一切、触れないように。

    クモは相当、ストレスを感じたろう。何度も、壁から落ちた。
    そして、再び、そのチャンスがやってきた。
    ついに、彼はジャンプしたのだ。
    そのジャンプが、あきらかに壁から5cm以上に及んだ時、
    さすがに、物理現象に逆らえなかったらしい。あるいは、エラーだったのか。

    クモは壁から落ちた。
    壁から、落ちても、それ自体は不思議ではない。不思議なのは、
    先ほど、同じ彼がやって見せた瞬間技にある。

    私は、クモのこうした現象を、以前にも見たことがある。

    だけに、今日、それを見たことに、驚いたというより、以前にみた芸当として、
    単に、思い出した。

    恐らく、このことには、科学的な何か説明がつくのかも知れない。
    例えば、
    瞬間にクモが糸を、壁につけて、その粘着で、壁に戻ったとか。だが、
    クモが瞬間に糸を吐いたようには見えなかった。
    ジャンプしたときにも、糸を活用したようには見えなかった。

    私が、このことで言いたいのは、
    科学的な後付けの「なるほど…」というような説明にあるのではない。

    私たちの現象の中には、思いがけないことが起きるということにある。

    ゼランド氏の「りんごが空に落ちていく」というキーワードは、
    そのこと思い出させてくれる切っ掛けの言葉として、
    私は、次元の尻尾を探しているのだ。

     



    posted by: fukugakuru358 | 001/トランサーフィン | 17:28 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    はじめまして。こんばんは。
    スピ系オタクの者です。
    とにかく、色々ありました…。その度に、ご多分漏れず、あらゆる本を手に取りました。もちろんリアトラも。
    この本を初めて手に入れた時、職場の異動があり、色々悩んでました。お金のことや仕事、人間関係色々。で、自分なりに手応えを感じ、やりがいを手に入れ、女でもここまでやった!!と思っていたら、最近また異動になり、ずっと悔しい思いをしてます…。で、スピオタクなので、また、自分でなんとかなる方法を藁をもすがる思いで、色々調べてました。リアトラも読み返しましたが、やはり私には難解で、謎だらけ…。そこに、おなすさんつながりで、108氏にたどり着きました。彼の著作についてのスレをまとめたサイトにも。そこで、ものすごい出会いがありました。知らんもんは知らん、というブログを書いている方です。
    今までの本はすべて処分することを決心させるほどの内容です。
    ゼランドが意図を内的と外的になぜ分けたのか、分かりました。まだ、じっくり、読んでいますが、最近異動になったのは、もしかしたら彼の存在に出会うための創造主の意図ではないかと思うほど、今までの集大成です。
    是非、アクセスしてみて下さい!!


    | 丸々亭 | 2013/09/14 12:10 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://succes-fou.jugem.jp/trackback/629
    トラックバック