Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recommend
トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 (超★スピ)
トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 (超★スピ) (JUGEMレビュー »)
ヴァジム・ゼランド
トランサーフィン第4巻 この本の特に第2章の圧倒的な概念が、この世界は、「二元鏡」の世界であること、さらに「神々の夢見(この世)」だとする世界観によって、私たちの認識を大いに変えるだろう。
Recommend
超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法―振り子の法則トランサーフィン (超★スピ)
超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法―振り子の法則トランサーフィン (超★スピ) (JUGEMレビュー »)
ヴァジム ゼランド
第1巻で、老監視員から投げかけられたあの奇妙なメッセージ「お前さんの持っているりんごは空へ落ちていくじゃろう」(第1巻より)という謎が、この第3巻で、いよいよ明らかになる。
Recommend
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択 (JUGEMレビュー »)
ヴァジム・ゼランド
この2巻の主要なテーマは、”外的意図”に尽きるだろう。そして、
願望実現のためには、外的意図をどうコントロールするかだ。
そのためには、魂(潜在意識)と理性(顕在意識)の一致が不可欠であるという。
Recommend
「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択
「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択 (JUGEMレビュー »)
ヴァジム ゼランド
「トランサーフィンは、まるでスーパーマーケットで商品を選ぶように、文字通り運命を選ぶ方法である。」という。いま願望を現実化するもっとも斬新な新しい世界観を語っている。
Recommend
マスターの教え
マスターの教え (JUGEMレビュー »)
ジョン マクドナルド
この本の著者であるジョン・マクドナルド自らが、≪読者のみなさんへ≫の中で、この本には”説明の出来ない「何か」”があると云わしめるくり返し読みたくなる不思議な本。
Recommend
斎藤一人 千年たってもいい話
斎藤一人 千年たってもいい話 (JUGEMレビュー »)
斎藤一人
私がお気に入りの斎藤一人さんの音声CDがまさに、これだ。特に幸せのなり方が素晴らしい。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
☆「欲していないものが起きる」とき
0

    私たちは、物理的現実に、私たちの望んでいるものを現出したいと願う。
    あるいは努力する。
    だが、その思いや目論見は、概ね期待通りにいかない。

    むしろまったく逆に
    「望んでいない現実」を招き、これでもかという具合に不快な現実を味わうこともある。

    自身のことでいえば、私は、この春に、お金にまつわる綱渡り状態を毎月のように体験するなかで、いまそれを振り返りながら、つくづく気づかされたことがある。

    しばらくぶりで記述するこのブログに、そこから得たものを書いてみたいと思う。
    詳細を書くことは避けさせていただくが、一例で言うなら、お金に不足を感じているとき、
    しかも、そこに不安や疑念に捉われたフォーカスが向けられている間は、
    望まないことが次々からへと押し寄せてくることを、文字通り体験的に知ることになった。

    私が、実感として知ったことは、この物理的現実に関して言えば、
    極めて単純な物理法則が支配しているということに気付かされた点にある。

    それは、このブログで何度も触れてきたが、

       「原因」と「結果」の法則が、それだ。

    この法則は、どんな状態や場面にも、その法則が貫かれているという気づきだ。

    例えば
    時間と空間といういわゆる物理現象でさえ、
    見方を変えれば、
    時間は、「原因」で、空間はその「結果」だとみなしてもよいと考えている。

    バシャールは、時間は、そもそも幻想で、シフトに付随するものだと言う。

    ならば、やや乱暴かもしれないが、
    ”時間”そのものをシフトとみてもいいと思う。
    そして、
    シフティングした”結果”として、一つの「空間」が生じるという理解。

    私は、物理学者ではないので、論理的にはデタラメで間違っているのかもしれないが。
    そこはお許し願いたい。

    ただ、そういう見方をしても、
    文系的な解釈から言わせてもらうと同様に見ても良いのでは、と勝手に感じている。


    「原因」と「結果」の法則に話を戻そう。

    私は、この3Dの物理的現実を、形而上学的な概念から、
    心の内面的な状態が、外的世界(物理的現実)を構築しているという立場を支持している。

    その意味で、私たちの心の状態こそが、外的世界の「原因」となり、その反映を「結果」として、物理的現実として投影しているのだと信じている。

    このことを踏まえたとき、次のような考えが浮かぶ。

    私たちの願望は、心次第だと。

    そして、この立場をとる限り、それは正しい。

    実際、私たちは、望む現実を創出するために、念じ願う。

    心に望む現実を描き、
    それを「原因」にして、外的世界に望む結果が得られるはずだから。

    ところが、実際は、簡単にそのように、ならない。
    このブログの冒頭に書いたように、
    むしろ、リアリティがあざ笑うように、全く「欲しない現実」をもたらすことがある。

    いや大概は、
    そうした場合が多いに違いない。

    しかし、上述した「原因」と「結果」の法則は、それでも見事に働いているのだと
    指摘しておきたい。しかも私たちの願うままを忠実に、希望どおりになのだ。

    このように言えば、異論があるだろう。
    欲していない現実に翻弄されて、何が、希望通りなのだと言えるのかと。

    その指摘は、まさしく、その通りだ。

    しかし、それでもあえて私は、見事に宇宙は「原因」と「結果」の法則を、
    私たちのために、正確に返してくれているのだと指摘しておきたい。

    この指摘の意味を記述する前に、

    トランサーフィンシリーズの第4巻
    「トランサーフィン『鏡の法則』」(ヴァジム・ゼランド[著] ほおじろえいいち[監修] 須貝 正浩[訳] 徳間書店)のp25の後半から次の箇所を引用させていただきたい。


      「人は『自分の欲するとおりに』なるよう努力する。そして
       『顔を向けたほうへ行く』『押せばたわむ』という簡単な世界に
       当てはめようとする。しかし、なぜか世界はそれに従おうとはしない。
       それどころか、人が顔を向けた方向とはまったく別の方向へと
       運ばれてしまうのだ。」

    この引用には、私たちの願望に対する鋭い洞察と示唆が含まれている。
    しかも、

       「『押せばたわむ』という簡単な世界に当てはめようとする。」

    という記述には、上述した「原因」と「結果」の法則についてさえ、
    なぞりをイメージしやすいように物理的に説明している。

    「望まない現実」「欲しない現実」が起きるためには、そもそも、すでに私たちが「原因」創り出しているということだ。

    つまり、
    望む現実を願った時点で、宇宙に「原因」を表明し、創出を願ったということだ。

    そして、
    宇宙は、あまりに原理原則どおり、私たちの願うとおりに「心の内面」を現実化してくれる。
    そもそも望むことがなければ、
    宇宙は、何らかの結果をもたらすことがないのだ。

    それが結果として、
    私たちの意識が「望まない現実」「欲しない現実」になってしまうのは、私たちの潜在的な「心の状態」そのものに実は、問題があるからなのだ。

    あるいは付随して、トランサーフィンの各巻がシリーズの中で指摘しているように、
    過剰ポテンシャル、重要性、依存関係等を生み出し、それが過剰な期待に対するバランスをとろうとして、逆の反作用の結果を見せつけてくることにある。

    ゼランド氏は、同著の中で、次の指摘をしている。

      「もしリアリティのふるまいが期待にそぐわないのであれば、
       別のアプローチを取らなくてはならないだろうということだ。」

        (前出:p25−26)

    その方法として、次のような示唆もある。


      「請わず、求めず、苦労して勝ち取らず、創り上げるのだ。」
             (前出:p163)
    と。


     





    posted by: fukugakuru358 | 004/物理的現実と鏡 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://succes-fou.jugem.jp/trackback/648
    トラックバック